人見知りの生意気

夏目純と申します。日々の記録を。

器にまつわる話

日曜の昼下がり、梅田の阪急百貨店をうろうろしていた。最近、僅かばかりだが、ボーナスが支給された。しかし、使う用途がない。貯金するのもあれだからと、百貨店で良さそうなものを探していたのである。 最初は眼鏡を買おうと思っていた。使っている眼鏡が…

あんまり物申したくはないが。

大河ドラマ「いだてん」後半戦突入。 後半の主人公を演じる阿部サダヲさんの演技はやはり素晴らしい。1週間の楽しみの一つだが、視聴率は良くないそうで… 理由は色々、言われているが、前半の主人公・金栗四三が基本的に負けてばかりというのが大きいのかな…

一応、断っておくとタピオカは好きなんだ

「ああ川の流れのように おだやかに この身をまかせていたい」 言わずと知れた美空ひばり「川の流れのように」の一節だ。 何世代も前の歌詞だがこの歌が流行した当時と比べると、現代の川の流れは随分、速くなったのかも知れない。 インターネット、SNSの普…

台場

東京出張2日目。 フジテレビへ。 用事自体は2時間ほどで終了したので昼めし。 近くのショッピングモールでラーメンを食べる事にした。札幌、仙台、広島、博多の名店の味を楽しめる「東京ラーメン国技館」で、博多ラーメンをチョイス。 美味しかったな。 暑い…

新橋

東京へ出張だった。 宿は新橋だったので、あてども無く、新橋を散歩してみた。平日から大人が酒を飲み、どんちゃんやっているのがなんともよろしいですね。 ただ、ガールズバーやキャバクラのある通りを歩いていると「お兄さん、おっぱいどうですか?」とお…

体験型

高校の現代文の教科書にミロのヴィーナスについて書かれた評論があった。その評論によるとミロのヴィーナスは手が欠けているからこそ魅惑的であるとのことだった。つまり、筆者は人間は欠けているものに無限の想像力を発揮する生き物であると述べていたので…

子どものハナシ

中学を卒業した春休み、自宅から自転車で20分ほどの書店でエロ本を初めて買った。1週間前から下見を重ね、どのエロ本を買うか吟味した末の一冊だった。14歳から自分磨きを始めて早10年。今の自分にとってエロ本を買うなんてわけ無い事だが、当時はとても勇気…

これでいいんだ。

先週の土曜の話だが、両親が鳥取から大阪へ来た。晩飯くらい一緒に食べようかと言う話になり、昭和町の「きしもと」という焼き鳥屋を予約しておいた。学生時代に見つけた焼き鳥屋で、僕が知る限りでは大阪で1番美味しい焼き鳥屋だ。 両親も満足してくれたよ…

音楽と

毎週、FM東京の山下達郎のサンデーソングブックを聞いている。聞き始めたきっかけは、大学の頃の友人がこの番組に毎週ハガキを送るくらい山下達郎のファンだったことである。 その友人は故郷の北海道で働いているから卒業以来、会っていない。だから、たまに…

大人になったら

小学6年生の頃、ランドセルを背負うのが無性に恥ずかしかった。子どもに見られるのが嫌だったのだ。高校生3年生の時はボロボロになった学ランを早く脱ぎ捨てたかった。大学生になった途端、酒の味もロクに知らないのにウイスキーを吐くまで飲んだ。お酒の味…

宇治です

仕事で宇治に行ってきました。 宇治金時のあの宇治です。 宇治抹茶のあの宇治です。 宇治川のあの宇治です。 外国人と修学旅行生が多かった。 100年以上続くお茶屋さんが多いから プライベートで行くとしたらケチらず抹茶、玉露を楽しむのが良いのかなあなん…

愚痴ですが。

テレビ番組の制作会社に勤めておいて、こんな事を書くのもあれだが、広告が嫌いだ。街を歩けばそこかしこに広告のコピーが氾濫している。歩くだけで文字の量に疲れる。ひどい時はイライラしてくる。 例えば、仕事終わり、終電で帰っていて転職サイトの広告が…

少し前の話

ゴールデンウィーク唯一の休みの日は、 掃除、洗濯、読書、昼寝、でテレビ見てたら夕方になっていた。 さすがに…ということで映画を観た。 2本も。 1本目は岸井ゆきの主演「愛がなんだ」。岸井ゆきのが素晴らしい。演技じゃなくて顔が単純に好みなのです。 2…

やすむとね

ゴールデンウィークは結局、休みが1日しかなかった。今のご時世に逆行しているとも言えるが、悪いことばかりでもない。長く休むとどうしても休み明けの仕事が気怠く感じてしまう。それならハナから休まなければいい。 思えば、小学生の時は長期休暇後の学校…

いろいろありますが…

昭和生まれの人が平成のうちに結婚できなかったことを「平成ジャンプ」というそうです。それにしても、テレビもネットも「平成最期の◯◯」で溢れている。ゲロが出そうなくらい多い。さすがに飽きたよ。 そう言えば、あの時のセックスが平成最期だったのか… 令…

あれま

ご無沙汰しておりました。 働き方改革なんてどこ吹く風。 忙しく働いておりました。 これはいつ食べたラーメンだったかな。 この炒飯もいつ食べたんだろうか。

やむやむ

旧ヤム邸という雑誌にも度々、登場するカレー屋に行った。谷町四丁目の空堀商店街にある。この商店街は大阪空襲の被害が少なかったので、古民家が多く残っている。なので、古民家を改装した雑貨屋やカフェ、洋食店が多い。 今回行ったカレー屋もそんなところ…

いろいろあるけどね

この1週間くらいで本当に大きなニュースがいくつかありました。1番のニュースはAmazonプライムの海街ダイアリー配信停止でしょうか。 Amazonプライムで恐らく、5回以上は見た映画です。作品が進行するにつれて、徐々に海街がどういう街かが分かってくるよう…

景気後退するって!?

小学4年の分数でつまずいたからだろうか、算数が苦手だ。小4の時、あまりの分数の難しさに「考える時間が欲しい」と訴え学校をズル休みしたくらいだ。たしか仮分数といったと思うが、分子が分母より大きくなると、もうお手上げ状態だった。 そんな訳で、数字…

なんだかなあ

TENGAでどうしてもマスをかきたくなった。22:00過ぎのことだった。仕事帰りだったから、梅田のドン・キホーテで買おうと行ってみたら、レジの大行列を見て断念した。中国人の大行列。さすがに、あの派手なデザインを持って10分以上もレジに並ぶ勇気はない。 …

はじめてーの!

仕事を始めてから毎日酒を飲まないと気が済まない体になってしまった。 幸い酒を飲んでも多少、陽気になる程度で歌ったり、殴ったり、脱いだりという暴挙に出ると言うことは今のところはない。 そんな僕にもいくつか酒での失敗がある。一つは大学一回生の春…

めでたし

ということで、結婚式当日。 人生で初めての結婚式。 場所は教会のある結婚式場。 結婚式のイメージといえば、神父が片言の日本語で「アナタタチハ、エイエンノアイヲ…」と言うくらいのイメージしか持っていない。僕がその日、見た神父も「アナタタチハ…」と…

それはどうよ?

先日、同級生の結婚式に出席するため前日の金曜21:30ごろに帰省。 もう食事を済ませていた友人が付き合ってくれるというので駅前の村尾でちょいと一杯やることにした。初めて行ったんだけど美味かった。 料理も美味かったわけだから、そこで帰れば良かったの…

隠れ家

明石海峡のあたりで仕事だった。 昼頃に到着して、とりあえず腹ごしらえにラーメンを食べようと思い、平野大勝軒というところへ。 初めて行ったんだけど、場所が分かりにくかった。 ラーメンは煮干しが効いていて美味しかった。近所に欲しいな。ニンニク効か…

100de名著は今週から漱石特集。

「親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている。」夏目漱石 坊ちゃん 作品は新米の教師が愛媛で働き始めるというもの。主人公は冒頭の通りの性格だから先輩の先生や生徒と何度も衝突する。僕はこの作品は大人の世界との出会いが大きなテーマだと思ってい…

落書き

バンクシーの落書きが日本で大きな話題になった。落書きも描く人が描けば芸術になるんですな。 僕が小学生の頃、近所の公園の東屋は中学生の落書きであふれていた。 うんこ、ちんこ、セックス、相合傘、出鱈目な電話番号など…。 その東屋は落書きがいっぱい…

幡野広志さん

「100万人のために唄われたラブソングなんかに」って歌詞の曲がある。 その後は「僕はカンタンに想いを重ねたりはしない」になる。 「みんなに届け」という思いで作ったものより一人の人を切実に想って作ったものの方が実は多くの人に届くんじゃないだろうか…

もう、有名な人なんだな

仕事が忙しいわけでもないんだけど期間が空いてしまったな。 取り立てて書くとかもないのだが、書くとすれば。 最近、映画の予告を観て気になる人を発見。 岸井ゆきのさんです。ご存知でしょうか?こういう雰囲気の人の好きなんです。

仕事と散歩

今日は仕事で元町駅をぶらぶらした。 これも仕事。オープニングに良さそうな場所を一人で探していた。 元町駅といえば南京町が近いので肉まんをムシャムシャやりながら歩いていた。 天気もいいし、暖かかった。 2月も終わるんすね。

飲む

平日のど真ん中の水曜に会社の先輩2人から飲みの誘い。 南森町あたりで一杯やることとなったわけだが、この2人がまたよく酒を飲む。 2人のペースに合わせてたら深夜2時の時点で流石に明日きついなあと思い始めるくらいにアルコールが回ってきた。そこからさ…