人見知りの生意気

日々の記録を。

埋め草

もう寒くなってきた。と、思ったら10月も終わるんだな。

適温な秋めいた日がまだ無い。

10月の頭は暑かった。26、27度はあって、半袖で丁度いいくらいだ。そうじゃなくて、長袖シャツで快適な日が欲しいんだが。そう言ってる間に冬になるんだろうな。そんなことだから、秋刀魚が1尾300円もするんじゃないか。

そういえば、大学生の時、夏休み明けにバイト代で買ったんであろう秋物のMA1をまだ暑いのに着てる連中がいたな。それにしても、えらい流行ってたな。あと、ニューバランスね。

さてさて、件の結婚式が次の日曜日にある。仕事が入りそうだが、ディレクターに正直に話してなんとか休みが貰えるようにしてもらった。

もんもん

台風が列島を横断中。

風速60メートルってなんじゃそら。

昼から梅田の某M局で仕事。

茶屋町のタピオカ屋を通る。

ザンザン降る雨の中、今日もタピオカを求めて若い女の子が並んでいる。

「正気か?」と思った。

「#こんな台風の日に#タピる」とでも投稿するのだろうか。それがバエるのかな。そんなにバエたいならもうハエになればいいんだ…言い過ぎですね。そもそも、さんざんインスタ映えを煽るテレビ局も悪い。

テレビで見るインスタ映えする料理は大抵、下品だ。この夏で言うとかき氷。てんこ盛りの氷の上にモリモリのフルーツ。たしかに見た目はカラフルでボリュームたっぷりでインパクトも凄いけど、かき氷に980円って…

あの手のバエる食べ物ってティーンの行き過ぎたメイクやファッションに似ている。親和性があるのだろうか。

なんだか今日は朝から悶々としている。

気圧があまりにも低いせいだろうか。

こんな時は、パンケーキ食べたい!!!

古いか、すでに。

ちまちま

社会人になるとき、母親に「お金が貯まったら礼服を買いなさい」と言われた。

「急に必要な時、困るから」という理由だ。死ぬ人が「1週間後に死ぬんで、ヨロシク」と教えてくれるわけもなく当然の理由だ。でも、人が亡くなるのに備えて服を買うなんてのは嫌だあね。百貨店の紳士服売り場の鏡で礼服を着た自分を見て「なかなかサマになるもんだ、よしいつでも逝きやがれ」と不謹慎に思ったりしたらいよいよ、興ざめだ。

と、ツマラナイことをぐだぐだ書いてきたが、この度、礼服を買った。理由は兄の結婚式だ。礼服は結婚式でも着れるんですな。

大丸梅田店で買ったけどやっぱりけっこうするんだな。

今月の日曜にあるんだけど、今から仕事が入らないかドキドキだ。

確率はごぶごぶ!!

お兄ちゃん、行けなかったらすまぬ。

働くこと

消費税が引き上げられた。日銀の景況感は相変わらず良くならない。

これだけ景気が良くならないんだから「みなさん、一生懸命、働きましょう」となってもいいはずだが、働き方改革が進む昨今、現状は真逆の方向だ。

時間を惜しんで働いてもどうしようもないことを暗に示しているということだろうか。

断じて、そうじゃないと思うのだが。

結局

居酒屋に行ったという内容の記事を書かなくなった。

ブログを始めた当初は、一人飲みしたお店について書いていたのだが。

書かなくなったのは、「この店が美味い」と陰でブログで書くのはなんだが、その店のシェフや職人に失礼な気がするからだ。一生懸命働いている大人にそれはないだろう。ましてや、「不味かった」なんてのは論外だ。

格好つけているがカレーだけはたまに美味かっただのとコソコソ書いてはいるが…

 

ぱやぱやぱっぱのさ!

先日行われた気候行動サミットでの小泉進次郎氏の「セクシー」発言が大きな話題になっている。突拍子も無い発言に見えるが、前の女性の発言を受けての発言だったらしい。スピーチも流暢な英語で時折、持ち前のユーモアで笑いをとるなど堂々たるものだった。まあ、スピーチの中身には言及しないが。

その一方で、スウェーデンのグレタ・トゥンベリさんの大人への怒りをぶちまけたスピーチは世界中の人々の心を揺さぶるものだった。

朝、そのニュースを報じるラジオを聞いていたら、老年の評論家が、嘲笑するようなコメントをしていた。そりゃああなた方、60歳以上が大半を占める評論家や政治家連中には人ごとでしょうよ。30年後にはたいてい死んでるんだから。

環境問題のような長期的に解決しないといけない問題をジジイが考えるにはやはり限界がある。

だからこそ、あなたのような若い政治家の成長を応援してるんですよ、新次郎さん!

食欲の色

高校生の時、母親が作ってくれた昼の弁当を教室でむしゃむしゃ食べていたら、一緒に食べていた友人が僕の弁当を見るなり「茶色!緑がないなあ」とのたまった。昨晩の揚げ物の残りをメインにミートボール、卵焼きが敷き詰められた僕の弁当はたしかに茶色かった。しかしまあ、人様の母親が作った弁当にケチをつけるなんてと面食らった僕は「茶色いなあ」と力なく吐き捨てるしかなかった。

でも、あの弁当がどれだけ美味そうに見えたことか。

カレー、焼肉、揚げ物、ラーメンなど美味そうなものは大抵、茶色なんだ。調べてみると理論的にも茶色は食欲をそそる色だそうだ。

鮮やかに彩られ、写真映えする料理も、こんがりと焼き目がついた肉にタレをかけたあの見た目には勝てない。思えば茶色に茶色だけども、それでもパクパク食べたいのは後者だろう。

料理に妙な洒落っ気を出しちゃいけない。

あの弁当が正解だったんだ。