人見知りの生意気

日々の記録を。

印象

昨日、本屋で爆買いした時の話。

10冊ほどの単行本、文庫本を抱え、レジへ向かう途中、田中みな実の写真集を発見。妖艶な表情で僕を見つめる田中みな実。「この野郎やる気か?」とこちらも臨戦態勢に入る。写真集を鷲掴みにし、見事、購入。

と言うのは嘘で、本当は写真集を買いたいがために10冊も本を買ったのである。田中みな実が好きと思われるのはなんだか恥ずかしい。僕は普段から読書しますからね、という店員へのアピールのために10冊も本をまとめ買いした。堂々と普段通り買えばいいのにと、我ながら自分の度胸のなさが恨めしい。

話は変わって、田中みな実の世論の逆転具合には本当に驚かされる。2、3年前までブリッ子で嫌われていた人がこの逆転劇はなんなのよ。嫌ってた人はどこに行ったんだろう、と思うくらいの逆転ぶりだ。

印象っていい加減なものだなあとしみじみ思った。