人見知りの生意気

夏目純と申します。日々の記録を。

なんだかなあ

TENGAでどうしてもマスをかきたくなった。22:00過ぎのことだった。仕事帰りだったから、梅田のドン・キホーテで買おうと行ってみたら、レジの大行列を見て断念した。中国人の大行列。さすがに、あの派手なデザインを持って10分以上もレジに並ぶ勇気はない。

100歩譲って中国人だけだったらいいが、店内には20歳前後のヤンキー男女数人がダベっている。この子達に見られるとなんだか負けた気がする。それにしても、なんであの年頃の子は、黒いマスクとピチピチのスウェット生地のズボンが好きなんだろう。あと、大抵短髪で金髪の子が一人いるし。

そんな事情もあって、ドラッグストアで買うことにした。しかし、3件のドラッグストアを回ったのだが、どこにも無い。昔住んでいたマンション近くのドラッグストアにはあったんだけどなあ。

兎にも角にも、もう23:30。結局、グーグルマップで自宅近くに、アダルトビデオ屋があることが判明。灯台下暗し。

無事、目的のブツも買うことができた。

さあ、ここからが本番だ。