人見知りの生意気

日々の記録を。

はじめてーの!

仕事を始めてから毎日酒を飲まないと気が済まない体になってしまった。

幸い酒を飲んでも多少、陽気になる程度で歌ったり、殴ったり、脱いだりという暴挙に出ると言うことは今のところはない。

そんな僕にもいくつか酒での失敗がある。一つは大学一回生の春。

友人が彼女に完膚なきまでに振られたと言うのでその葬いのために缶ビールと缶チューハイ、それにウイスキーの角瓶を買いこみ、友人の下宿する1Kに乗り込んだ。

二人だけの酒盛りは、ふられ話という最高の酒の肴を得たこともあり、順調に缶のお酒を全て飲むことに成功した。残るところはウイスキーの御大だけとなった。

通常、ウイスキーというのは、ハイボールにして爽やかに飲むか、ロックにしてチビチビ飲むものだ。それを酒の常識を知らない若造二人は酔いも進んでいることもあって、グラスにストレートで注ぎ、ビールのようにがぶがぶやりだした。

そのまま泥酔し、気づいたら自分は己れのゲロでゲロまみれ。友人の越してから1週間ばかりの1Kもゲロまみれ。

悲惨だった。

自分はとにかくその友人に平謝り。

そんな大惨事をやらかしてしまったわけだが、今もその友人とは仲良くやっている。

今思っても酷い経験だ。

さて、今日はウイスキーでも飲もうかしら。