人見知りの生意気

夏目純と申します。日々の記録を。

生活

ある議員の「生産性がない」という言葉が議論になっている。生産性と聞いて思い出す事がある。

僕が中学生くらいの時だった。

僕の父親は昔からお酒が好きで土日はたいてい二日酔い。朝、「気持ち悪い」なんてこぼしながらも、昼過ぎにはニヤニヤしながらビールをグラスに注いでいる。昼から飲むという背徳感がたまらないと言った様子だった。

その様子を見て僕は「ほんとに生産性のないおっさんだなあ」と最近覚えた生産性という言葉を使い、父への不満を母にこぼしていた。

さしたる上昇志向もない父が大切にしている事と言えば、先祖から引き継いだ土地と仏壇である。毎日、仏壇の世話をし、仕事に出かける。そんな日々を繰り返す。淡々とした毎日を今も変わらず過ごしている父がなんだか最近になってとても健康的に思えてきた。

理由は上手く言葉に出来ないけど。

f:id:natsume-jun:20180806224835j:image